第28話 ❨賞命首❩ ~終局~ 開始

最初から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/05/30/203112
地獄の三日間編から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/04/12000
三日目「ノーウォッチデー」から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/11/120000
天使襲来編から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/20/081752


前回 目覚め=悪夢 の続き

穴が開いた壁から入ってきたその男は、確実にその名前を口にした。
『板垣 亮』。
誠は何も考えられずにいた。亮が・・・
誰かの仲間になっている・・・?

誠「夏芽、裕一さん…、俺、ちょっと行ってくる。」

夏芽「誠…!」

夏芽は俺のことを心配してか、止めようとしてくれた。でもごめん。俺は行かなくちゃならねぇ。
誠は夏芽に伝える。

誠「…死者が生存者と対立するのはじゅうぶん分かる。だから、亮が死者と仲間になるのもおかしいことじゃねぇんだ。だけど…
今一度、亮と会って、話がしてぇんだ。」

夏芽「・・・そっか。…分かった。気をつけて。」

???「通すかよ!!」

…なんだ、この男、まだいたのか。
誠はガラスの盾を右手に創り出す。力を溜め、正面から向かってくるその男を目一杯右へ弾き飛ばす。

誠『邪魔だ。』

ドゴオオォォォンッッ!!

誠は背中から黒い翼を生やし、謎の男によって開けられた壁の穴から、外へ飛び出す。
謎の男はもう、部屋の外の遠く、とおくへ飛ばされていて、夏芽たちには見えなくなっていた‐‐‐‐‐‐‐。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

???『・・・そうか。また掛け直す。』

ピッ!

???『ボス、強い生存者がいるそうです。カイトがそいつにやられ、援軍を求めています。』

???【…亮もいることだ、援軍なぞいらないだろう?イベントも序盤だ。焦る必要も無い。そもそもそれほど強い生存者なのかが疑問なんだが…?】

???『…私には心当たりがあります。もし、カイトの言っている生存者が奴だとしたら…。援軍として私も…。』

???【駄目だ。オマエは俺を護衛し続けろ。優秀で使える奴はまだ手元に置いておきたいのだ。

分かったか?藤崎。】

藤崎善里『・・・はっ。』


次回、神木 VS 亮