第25話 腐命島編

最初から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/05/30/203112
地獄の三日間編から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/04/12000
三日目「ノーウォッチデー」から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/11/120000
天使襲来編から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/20/081752

前回 【必読!】天使襲来編までの謎 徹底解明 の続き


地球上での生存者は、「賞命首」開始前の5000万人から300万人弱にまで減少していた。

賞命首、最後のイベントが開催される。

ウ~~~~~ッ!!!
サイレンが鳴る。
その瞬間、誠たちは今までいたところとは別の場所に飛ばされた。
裕一「・・・何だ…!?」
誠たちだけではなく、他の一般人も飛ばされている。そこは、果てしなく広い荒れ地だった。

ブオォォン…

空に穴が開く。中からはミルティが出てきた。
ミルティ「う~~!!やっほー!!皆元気~!?ミルティでぇ~っす!!皆、今回が最後のイベントだよ!気張ってこーっ!」
周りをまた見渡すと、信じられないくらいの人が集まっていた。満員電車のようにぎゅうぎゅう詰めにされていく。
ミルティ「今回の舞台はここ!腐命島(ふめいじま)!!もうこの島には生存者全員が集まっています!広さは君たちのいた島よりちょっと広いかな…。じゃ、今回のイベントのルールを説明しちゃうよ!」


⚫腐命島 イベント ルール
・この島には「生存者」と「死者」が招待された。「生存者」は今まで生き残っていた人達(300万人)、「死者」は地獄の三日間開始時に生きていた人達で、もう死んでいる人達(約3500万人)が招待された。
この中から、「生存者」50人、「死者」50人を天界へと連れていく。この50人はイベントの成績上位50人とする。

・「生存者」
生存者は全員リストに載る。ただ、殺したときのライフの変動のしかたが今までと異なる。
ライフが「1」の人が人を殺しても、ライフは「1」しか奪えない。逆にライフが「100」ある人が人を殺したとき、ライフは「100」奪える。すなわち、自分のライフの数が、人のライフを奪う「攻撃力」の数値と同じということになる。ライフが0になると、脱落する。最終的にライフが多い上位50人だけが生き残る。

・「死者」
リストには載らない。死者は死者を殺すことはできない。死者にはライフがない(ゾンビ状態)。攻撃力というものだけが付けられ、それは「1」からスタートする。攻撃力は、「生存者」を殺していくごとに1➡2➡4➡8➡16と増えていく。死者の攻撃力分だけ生存者はライフを削り取られることになる。最終的に攻撃力が高い上位50人だけが復活し、生き残る。

・その他のルール
期間は一週間。一週間後に結果を発表する。その前に、生存者の数が50人になった場合は、イベントは強制終了される。


ミルティ「まぁ、死者が蘇るから敗者復活戦みたいな感じ?てかこれ生存者キツいよね~笑
とりあえず、これ生き残れたらもう優勝は目前だから。頑張ってね~!」
ミルティはどこかに消えた。
タイマーが上空に浮かび上がる。

イ ベ ン ト 開 始 ま で 、 あ と 3 時 間

「うわあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
多くの人達が、叫びながらこの場から散っていく。誠はその人波にのまれそうになりながらも、なんとか耐えて、夏芽、裕一、神木と合流する。

裕一「また残酷なことを…。」
神木「やはり懲りないな、奴らは。」
ああ、奴らのやっていることは非道だ。決して許されない。だけど、そんなことより…
夏芽「誠…っ!!」
夏芽が泣きそうな顔でこちらを見てくる。
やっぱり、同じこと考えてたんだな・・・。
誠「あ、・・・あぁ・・・!」
誠は唇を強く噛み締める。

誠「亮と・・・会えるかもしれない・・・っ!!」


次回、協力