天使襲来

最初から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/05/30/203112
地獄の三日間編から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/04/12000
三日目「ノーウォッチデー」から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/11/120000

前回 天使襲来編 の続き


例のあの放送がまた流れる。

ミルティ「やあやあ!皆元気~~っ!?ちゃんと生きれてる~~!?ミルティで~っす!!」
アルテナ「アルテナよ。ミル、いつになくハイテンションね。」
ミルティ「そーう?まあそう見えても仕方ないかな。今日からまたイベントが始まるんですもの!ワクワクが止まらないわ!」
アルテナ「イベント続きで人間たち大変そう…。なんてね。じゃあ私から内容を説明するわ。この『賞命首』はね、天使が運営してるの。私たちも含めてね。」

誠(ボンボンの言ってた通りだな…。)

アルテナ「今回は、私たち天使があなたたちを襲撃しに行きます!『賞命首リスト』とは別に、『天使リスト』というものも提示します!期間は1週間!『天使リスト』に載っている人たちはその日、天使に狙われる運命…。はぁ、悲しき。まあでも逃げきれば良い話なんですけどね!」
ミルティ「私たちは襲撃できないんでしょ~?」
アルテナ「そうね。強すぎるからね。」
ミルティ「また観戦かぁ・・・。まっ、とりあえずそゆことだよ人間!!大いに健闘するがいい!!アハハ!」
ミルティ・アルテナ『それじゃあ、まったね~~!!』

裕一「奴らが・・・本当に天使だってのか・・・?」
夏芽「信じられない…。」
裕一と夏芽も、ボンボンから真実を伝えられていた。
ボンボン「…今見ると、どんどん記憶が戻ってくる…。あのミルティとアルテナはどちらも『五大天神』だ…。」
裕一「なっ!?・・・」
夏芽「あんな奴らが天界のトップ・・・。」
ボンボン「・・・。」

ボンボンは考えていた。何故自分は、今までこの現実を忘れていたのか・・・。ショックにより忘れていたのか…?いや、違う。

まず、ボンボンは自分のことの記憶が無かった。

戦争が起きたことは思い出しても、自分がどんな悪魔だったかは、思い出せないままでいた。
・・・何故だろう?

・天使襲来
裕一が「天使リスト」に載る。ミルティとアルテナの言葉からすると、「五大天神」は襲撃してこないのだろうと裕一たちは憶測した。ただ、それでも相手は悪魔軍を打ち負かした天使たち。見つかったらほぼおしまい。普通の人は逃げるしか手段はない。
(天使リストには1000人載る。)
誠が復帰した。誠は今まで起きたこと全てを吹っ切り、必ずこのゲームを終わらせるという強い信念を抱いた。今まで以上に。
誠は魔王の力に慣れるため、能力を惜しむことなく使っていく。裕一を襲った天使は誠にあっさりと殺られる。
誠「自我が・・・保ててる・・・。」
ボンボン「すごい・・・!すごいですよ誠様!!」
誠「いくらでも来い…自称天使…!」


次回、神を受け継ぎし者