ゲーム開始編 まとめ・解説・次回について

最初から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/05/30/203112
ゲーム開始編が終わりました。いやぁ。
やっぱ夢中になると細かいとこまで書く癖がありますね・・・。何が悪いのか、まあ後に書いていくと思いますが、
今回のまとめ↓

・賞命首が始まる。誠がリストに載る。

・誠のライフウォッチだけハッキングにより普通の人より先のアップデートがくる。

・逃げきる誠。だが、亮と夏芽の手助けをして、死ぬ誠。コンティニューの仕方を覚える。

・このゲームの主催者に怒りを覚えた誠たち。警察に情報を求める。

・一回目のアップデートがくる。田山裕一さんと会う。


今回の内容はおおまかにこれぐらいですね。このゲーム開始編では賞命首の主なルール、基本的なことを長々と書いていった感じです。ただ、これからの展開に関係することや人物もちゃんと出てますね・・・。 結構重要な章かもです。

・ガーディアンの能力説明
誠は説明した通りですが、今回のアップデートで、亮、夏芽、そして書いていませんが裕一さんにもライフウォッチがあります。そのくだりはある事情で省いておるのですが…。まずその前に3人のガーディアン能力の説明から。
🔘亮のガーディアン
雷、電撃を使う。天候を操ることもできるし、普通に手から放電したりなど。キルアというよりエネル寄りの奴ですかね・・・ただ、体とかが電気でできてたり、まとったりとかはできません。
🔘夏芽のガーディアン
説明が糞難しい能力です。わ、分かりやすく書いていきます(多分)。2つ、空間に穴を設置します。その2つの穴の間を、ワープマウスという生き物が通過していきます。そいつに喰われた物、部分は、持ち主(夏芽)の手元にワープしていきます。夏芽ちゃんが両手を叩くとあら不思議。その物体は消えます。もっと分かりやすく言うと、ワープマウスに頭を食われたりした場合、頭が夏芽の元にワープし、手を叩くだけでその頭が消えるのです。ワープマウスは追尾とかもできます。ワープマウスに攻撃は通用しません。弱点は、発動してから消えるまで制限時間があるくらいです。はっきり言ってこの物語でチート級の能力です。ただ、夏芽のガーディアンはサボり症なんですよねぇ・・・。
🔘裕一のガーディアン
球状のコウモリを出します。不規則移動が強み。ちっちゃいコウモリから大きいコウモリまで色んなコウモリが出せる。噛まれると力が抜けます。魔力が尽きない限り何体でも出せる。

・田山裕一
20代前半。警察官。寛大。責任感が強い。

・賞命首になったときについて
ルールを見て疑問に思った方がおそらくいると思います。リストに載っている人たちはいくら命が多くても一回殺されれば全てがパアとなるのです(その人が持っていた分の命が貰える)。目的地に行けずに死ぬ場合も同様です。命が多くて得するのはリストに載ってないときだけとなります。

捕捉はこんな感じです。
・省略した部分について。
本当は、裕一さんと会った一週間後、東堂三兄弟とかいうやつらと戦う話があります。省略させていただきました。理由は3つです。長い。雑魚ボス戦。物語の核心に関係ない。
この三兄弟戦は、誠たちの能力を使うことのチュートリアル戦みたいなものです。ただ、細かく書いてくと長いです。雑魚だし、終盤は多分誰も覚えてないしで省きました☆。要らない部分をこうやって省いていかないと長いんですよ。このペースで書いていっても一ヶ月は余裕でかかります。

・ゲーム開始編(終了)
・地獄の三日間編(NEW)
・?????
・????
・??????
・???
全6章。本当にメモ書き程度に、なるべく面白く書いていくつもりですが、強ボス戦、大事なボス戦以外は書きません。

ふぅ。捕捉もなっがい。次回からがやっと本編って感じです。読んでくれている方々ありがとうございます。なんとか最終回まで書き切りたいと思います。
それでは。

次回、地獄の三日間編