第30話 死の牢

最初から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/05/30/203112
地獄の三日間編から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/04/12000
三日目「ノーウォッチデー」から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/11/120000
天使襲来編から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/20/081752


前回 神木 VS 亮 の続き

神木からの攻撃を免れた亮の視点

亮「随分…遅かったな。」

???「これでも頑張ったほうさ。この能力を見つけるのにどれだけ苦労したか…。」

亮「なんだ、苦労って。まだイベント始まったばかりだろ。」

???「はは、それもそうだな。」

亮はこの男に助けられた。この男も、亮の仲間である。

???「しっかし、やっぱ生存者にも強い奴いんだなぁ〜。」

亮「そう…だな。」

???「まっ、俺らの敵じゃねぇな。まずボスに勝てるわけがねぇよ。」

亮「…」


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

時は、地獄の三日間編終了直後まで遡る。

亮「…ここは?・・・」

亮は藤崎に殺された。もう生きていないはずなのに、体がある。思考できる。動ける。亮は何が起きたのか理解出来なかった。
周りを見渡すと、亮の他にも大勢の人がいた。辺り一面真っ白な世界だった。
亮はますます何が起きているか分からなくなってしまった。
一人のおじさんが亮に話しかけてくる。

おじさん「お、あんちゃんも死んじまったんだか!たはは!!」

背中をバシバシ叩いてくる。痛い。・・・痛みがあるのは、やはり生きている証拠なのだろうか…?

おじさん「…ここは死後の世界さ。おれも最初は天国か地獄に来たかと思ったが、全然ちげぇ。今まで死んだ輩が皆集まっとるだけ。娯楽も何もねえし、まるで刑務所みたいなとこだな。」

ふーん……。

亮「え、刑務所入ったことあるんですか?」

おじさん「・・・。」

おじさんは遠くを見ている。

おじさん「言っとくが・・・」

おじさんは遠くにいる、ある集団を指差す。

おじさん「この世界を仕切っているのはあの集団だ。目ぇ付けられると面倒なことになる。お前も気を付けておくんだな。」

亮「あ、はい。」

遠くからじゃあまりよく見えないが、結構大きな集団だということは分かった。

亮「ところで、誰が俺たちをここに集めたんですかね…?」

おじさん「…天使さ。」

亮「え!?・・・助けてくれたってことですか…?」

おじさん「逆さ。奴らがこのゲームの主催者で、俺たちを死なせたのにも関わらず、まだこうやって生かしてやがるんだ。…ほんと何考えてるか分からねぇ。」

亮は、ここで初めて黒幕が天使だということを知る。

おじさん「だから、また何かが起きるんじゃねぇかと勘ぐって、あの集団は仲間集めをしてんのさ。」

亮「・・・。」

亮は気持ちの整理をし、誠の命運を祈りながら、大人しくその世界で、『何か』が起きるまで待つことにした。

数時間後には、藤崎もその世界に着く。
亮は、おそらく誠が奴をやってくれたんだろうな、と心嬉しくなり、その反面、藤崎と同じ空間に居ることが少しストレスになっていた。

そしてこの場所でも、その刻が来る。


次回、闇に染まる

第29話 神木 VS 亮

最初から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/05/30/203112
地獄の三日間編から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/04/12000
三日目「ノーウォッチデー」から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/11/120000
天使襲来編から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/20/081752


前回 ❨賞命首❩ ~終局~ 開始 の続き

神木「なあ!なんで逃げるんだ!?」

神木は森の中、一人の男を追っていた。その男の電撃を食らい、神木は少しばかりキレていたのだ。

神木「別にお前ら死者は死なねぇんだからさ、俺の相手ぐらいできるだろ、なぁ!?」

???「…。今テメェの相手してる暇はねぇんだよ、うぜぇからとっとと…」

男は走りながら振り返り、神木に左手を向ける。

???「消えろよ!!」

ドドオオォォォンッ!!

その手から発せられた稲妻が、神木を襲った。が、

???「…!?消えた・・・?一体どこに…」

神木「ここだよ。」

神木は一瞬にしてその男の頭上に飛んでいた。白い翼がバサバサと音を立てる。

???『な…!?こいつ、人間か!?今・・・どうやって…。』

神木「ちゃんと前見ろよ。」

???「!?」

ドシイイィィンッ!

男は大きな木にぶつかった。顔を強打したらしく、地面でうずくまっている。

神木「…お前、さては馬鹿だな?」

???「うるせぇ!」

男は立ち上がる。深く被っていたフードがはだけ、顔があらわになる。その顔は誰が見ても『亮』そのものだったが、会ったことがない神木には分かりもしない。
だが…

神木「お前の今の“雷”、誠ってやつも使ってたなぁ。」

亮「…!?」

神木「裕一って奴、仲間にいるんだけどさぁ、そいつのことは見た?」

亮「何が言いたい…。」

神木「彼らと何か関係があるんじゃないか?お前は。何故ここまで『逃げて来た』んだ…?」

亮「はっ、お前には関係ねぇ話だろ。」

神木「いいや、関係あるね。・・・・・・話さないならお前を殺す。」

亮「殺す…?俺は死者だぞ?殺すってどうやって…」

ビュンッ!!

一つの白い羽が、亮の頬をかすめる。真っ赤な線が、亮の頬に引かれていく。

神木「お、血は出るみたいだね。痛みはあるかい?…死者だからってね、死なないからってね、安心できる理由にはならないんだよ。」

神木は一つの大きな、鋭い羽を創り、先を研いでいる。

神木「『これ』を胸に突き刺して、どこかにはりつけにしたら・・・ずっと死ぬ程の痛みを味わうんかなぁ、ってさ。試す価値はあるよね…?」

亮は素直に神木の言う事を想像してしまった。そして、素直に絶望した。今、こいつと戦ってはいけないという、ここから逃げたいという『生存本能』が、『死者』である亮に芽生えてしまった。
その本能のままに、亮は口を開く。

亮「…!合わせる顔がねぇんだ…。俺は今、最低最悪な奴らの仲間なんだ…。もう誠を、奴らとは関わらせたくないんだ…。そして、出来れば俺も…!」

亮はうつむきながら話す。そしてゆっくりと神木の方へ顔を上げる。

亮「だから、お前…誠に伝えてやってくれねぇか…。俺はこっちで頑張るってさ…。」

亮の声は、少し震えていた。

神木「・・・お前、つくづくめんどくせー野郎だな…」

神木は亮に近づいていく。

亮「なっ!?・・・もう話しただろ!もういいだろ!!」

神木「ああ、俺に関係ねぇ話だったしなー、だけどここからはなぁ・・・
さっきくらった電撃のお返しさ。」

ドウウゥンッ!

神木は亮に飛びかかり、羽の剣を振りかざす。

死。

死者の亮の頭にはその一文字だけが浮かんだ。
しかし…

ドシュウゥゥン!!…

神木『・・・消えた!?』

亮は、神木の目の前で、忽然と消えたのだった。
神木は予想以上の出来事に唖然とし、その場で立ち尽くしていた。

神木「…」


次回、死の牢

第28話 ❨賞命首❩ ~終局~ 開始

最初から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/05/30/203112
地獄の三日間編から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/04/12000
三日目「ノーウォッチデー」から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/11/120000
天使襲来編から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/20/081752


前回 目覚め=悪夢 の続き

穴が開いた壁から入ってきたその男は、確実にその名前を口にした。
『板垣 亮』。
誠は何も考えられずにいた。亮が・・・
誰かの仲間になっている・・・?

誠「夏芽、裕一さん…、俺、ちょっと行ってくる。」

夏芽「誠…!」

夏芽は俺のことを心配してか、止めようとしてくれた。でもごめん。俺は行かなくちゃならねぇ。
誠は夏芽に伝える。

誠「…死者が生存者と対立するのはじゅうぶん分かる。だから、亮が死者と仲間になるのもおかしいことじゃねぇんだ。だけど…
今一度、亮と会って、話がしてぇんだ。」

夏芽「・・・そっか。…分かった。気をつけて。」

???「通すかよ!!」

…なんだ、この男、まだいたのか。
誠はガラスの盾を右手に創り出す。力を溜め、正面から向かってくるその男を目一杯右へ弾き飛ばす。

誠『邪魔だ。』

ドゴオオォォォンッッ!!

誠は背中から黒い翼を生やし、謎の男によって開けられた壁の穴から、外へ飛び出す。
謎の男はもう、部屋の外の遠く、とおくへ飛ばされていて、夏芽たちには見えなくなっていた‐‐‐‐‐‐‐。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

???『・・・そうか。また掛け直す。』

ピッ!

???『ボス、強い生存者がいるそうです。カイトがそいつにやられ、援軍を求めています。』

???【…亮もいることだ、援軍なぞいらないだろう?イベントも序盤だ。焦る必要も無い。そもそもそれほど強い生存者なのかが疑問なんだが…?】

???『…私には心当たりがあります。もし、カイトの言っている生存者が奴だとしたら…。援軍として私も…。』

???【駄目だ。オマエは俺を護衛し続けろ。優秀で使える奴はまだ手元に置いておきたいのだ。

分かったか?藤崎。】

藤崎善里『・・・はっ。』


次回、神木 VS 亮

第27話 目覚め=悪夢

最初から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/05/30/203112
地獄の三日間編から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/04/12000
三日目「ノーウォッチデー」から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/11/120000
天使襲来編から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/20/081752


前回 協力 の続き

腐命島のイベントが始まる。島中にサイレンが鳴り響く。誠は起きなかった。いや、起きれなかった。悪夢に…うなされていた。

夏芽「誠!大変!起きて!!」

夏芽の声で誠は起きた。

誠「どうした?夏芽。」

夏芽「死者が…!襲撃しに来たの!!」

・・・なんだと…?死者が襲撃…いつ?何故ここを?誰が?他の皆は?
誠の中にいくつもの疑問が浮かび上がり、それらが交錯しながら誠を混乱させていく。だが、誠の体は考えるよりも動いていた。
部屋に裕一さんと神木の姿はない。誠は部屋の外に出ようとする。

誠「裕一さんたちは?」

夏芽「それが…」

ボゴオオオオォォォンッッッ!!!

誠たちがいた部屋の壁が何かで突き破られ、誰かが反対の壁に打ちつけられた。
裕一だ。

誠「裕一さん!?大丈夫ですか!?」

裕一「ぐ…がふっ!」

穴が開けられた壁から、一人の男が入ってくる。

???『あれ〜?ここにも部屋あったんだ。気付かなかったなぁ。』

その男の額には何かのマークが描かれており、体の周りから黒い煙のようなものが出ている。後に分かったことだが、これが、死者であるかどうかを判別する一つの特徴だった。
誠は裕一の元へ駆け寄る。

誠「裕一さん!大丈夫ですか!?」
裕一「あ、ああ…なんとか。」

誠は裕一に肩を貸す。

誠「他の人達は?」

裕一「ほとんどの人が殺られた。逃げた者もいたが、正確には状況は把握してない。」

夏芽「あっ!裕一さん!神木くんは!?」

裕一「…フードを被った奴を追いかけていった。奴に何かされて腹が立ったらしい。」

誠(またアイツは何を…。)

???「へぇ。『リョウ』を追いかけるとはそいつ度胸があるねぇ。そもそも、俺たち死者になんか勝てるわけないのに。」

男が俺らの会話に口を挟む。

・・・
何…?今コイツ…

誠「テメェ、今『リョウ』って言ったか・・・?」

???「ああ、俺らの『仲間』、“板垣 亮”って奴さ…。」


次回、❨賞命首❩ ~終局~ 開始

第26話 協力

最初から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/05/30/203112
地獄の三日間編から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/04/12000
三日目「ノーウォッチデー」から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/11/120000
天使襲来編から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/20/081752

遅くなって申し訳ありません…。本当にほんとうにすみませんでした…。これからの展開は、一つ一つの場面に書くモチベーションがあまり上がらないものがあるので、このブログの継続のために自分の書きたいシーンだけを忠実に書いて伝えることに専念していきたいと思います。本当に申し訳ありませんでした。

訂正
【 必読!】天使襲来編までの謎 徹底解明 にて、
誠が亮のチビ悪魔の能力を吸収したあと、藤崎戦ののちにその能力が消えたと書いていましたが、正しくは徐々に消えていった(神木と出会うくらいまでまだ残っていた)、です。すみませんでしたm(_ _)m

では、本編へ↓


前回 腐命島 の続き

ここ、腐命島で、いままでの「死者」が生き返り、誠たち「生存者」と戦う…。賞命首史上、最大最悪のイベントだ。
だが、

亮 と 会 え る 。

このイベントのルールは、絶望を誠たちに与えると同時に、かすかな希望すらも与えていた。
誠と夏芽は顔を見合わせる。

夏芽は泣きそうになりながらも、すこし笑みを浮かべていた。俺も、同じような顔になってるのだろうか…。
裕一は、誠と夏芽の様子を少しの間見守ったあとに、口を開き始める。

裕一「皆、ちゃんと今のルール聞いてたな?」

誠、夏芽、神木の3人が軽く頷く。

裕一「なら分かるはずだ。ミルティの言ってた通り、俺たち生存者に希望はない。」

裕一の言い分はこうだった。生存者は、死者を殺してもライフを奪えないため、生存者はもちろん生存者しか狙わない。一方、死者も、死者同士では殺し合えないため、生存者を狙う。死者は死なない。だから生存者が死者と出くわしたら、逃げるようなことしか出来ない。
よって生存者は、早い段階でごっそりと削られることになるだろうというものが、裕一の考えだった。

死者と出くわす…。
誠の脳裏に奴らの顔が浮かぶ…。『いままでの』・・・死者・・・。
誠は今はそれ以上考えないことにした。

裕一の考えを聞き、全員黙りこんでしまった。これから、どうこのイベントを切り抜けたらいいのか、さっぱり良い案が思いつかなかった。

いや、時間をかければ『その案』は出ていたのかもしれない。ただ、『その案』は、ある見知らぬ人からの提案となる。

???「君たち、ずっとここにいるけど…何してるんだい?」

イベント説明時からその場を動いていなかった4人に、その見知らぬ人は話しかけて来た。

???「悩んでる?これから何をしようか、とか?…ならちょっと、僕達と協力してくれるかな?人がちょうど4人足りなかったところなんだ。」

『協力』

その見知らぬ人が言うには、生存者で50人のグループ、すなわち成績上位50人に全員が入るように協力し戦えば、死者との戦いや、生き残れないかもしれないという不安は払拭されるだろうという考えだった。
とても理にかなっていて、4人が納得のいくものだった。

???「連れてきたよー!みんな!この4人でちょうど50人だ!!」

その見知らぬ人に付いて行くこと数十分。古くてすこしボロついた二階建ての民宿のような場所に着く。そこには大勢の人が集まっており、皆、この民宿をアジトと呼んでいた。

???『お、でかしたでかした。』

そのアジトの玄関先に座っていた、一人の男が立ち上がる。結構歳がいってそうな人だ。

坂本「んーと、俺は 坂本 剛。この考えの創案者?って言えばいいかな。皆からはリーダーって言われてるけど、まあよろしくよ。」

坂本が誠の肩をポンと叩く。

坂本「さて、これで全員だな。みんな!聞いてくれ!イベント期間中、この宿をこれから拠点とする!!天使の言ってる事が本当なら、今回でイベントは最後だ。ここまできたからには全員、必ず生き残るぞ!!」

ウオオオォォォォ!!

誠たち4人も、その場の盛り上がりに圧倒されるも、同じくらいに心は燃えていた。

このイベントが最後、賞命首は・・・着々と終わりを迎えようとしているのだ・・・。

少し場が落ち着き、人がぞろぞろとアジトに入っていく。そんな中、アジトの中から誠たちに一人の女性が駆け寄ってくる。

女性「あの、ごめんなさい。寝所なんですけど…もう少し来るのが早ければいい所が空いてたんですが…少し汚くなってる部屋でもいいですか…?」

誠たちは承諾した。
アジトの中へ入り、他の人達がいる部屋から少し離れた、奥の部屋へと入る。やはり汚くて臭い。まあでも、寝れないほどではなかった。
リーダーいわく、イベント開始時まで少し休息をとっていてほしいとのこと。

誠たちはこれから始める地獄のようであろうイベントに備え、緊張感を持ちながらも眠りについていった…。


次回、目覚め=悪夢

第25話 腐命島編

最初から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/05/30/203112
地獄の三日間編から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/04/12000
三日目「ノーウォッチデー」から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/11/120000
天使襲来編から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/20/081752

前回 【必読!】天使襲来編までの謎 徹底解明 の続き


地球上での生存者は、「賞命首」開始前の5000万人から300万人弱にまで減少していた。

賞命首、最後のイベントが開催される。

ウ~~~~~ッ!!!
サイレンが鳴る。
その瞬間、誠たちは今までいたところとは別の場所に飛ばされた。
裕一「・・・何だ…!?」
誠たちだけではなく、他の一般人も飛ばされている。そこは、果てしなく広い荒れ地だった。

ブオォォン…

空に穴が開く。中からはミルティが出てきた。
ミルティ「う~~!!やっほー!!皆元気~!?ミルティでぇ~っす!!皆、今回が最後のイベントだよ!気張ってこーっ!」
周りをまた見渡すと、信じられないくらいの人が集まっていた。満員電車のようにぎゅうぎゅう詰めにされていく。
ミルティ「今回の舞台はここ!腐命島(ふめいじま)!!もうこの島には生存者全員が集まっています!広さは君たちのいた島よりちょっと広いかな…。じゃ、今回のイベントのルールを説明しちゃうよ!」


⚫腐命島 イベント ルール
・この島には「生存者」と「死者」が招待された。「生存者」は今まで生き残っていた人達(300万人)、「死者」は地獄の三日間開始時に生きていた人達で、もう死んでいる人達(約3500万人)が招待された。
この中から、「生存者」50人、「死者」50人を天界へと連れていく。この50人はイベントの成績上位50人とする。

・「生存者」
生存者は全員リストに載る。ただ、殺したときのライフの変動のしかたが今までと異なる。
ライフが「1」の人が人を殺しても、ライフは「1」しか奪えない。逆にライフが「100」ある人が人を殺したとき、ライフは「100」奪える。すなわち、自分のライフの数が、人のライフを奪う「攻撃力」の数値と同じということになる。ライフが0になると、脱落する。最終的にライフが多い上位50人だけが生き残る。

・「死者」
リストには載らない。死者は死者を殺すことはできない。死者にはライフがない(ゾンビ状態)。攻撃力というものだけが付けられ、それは「1」からスタートする。攻撃力は、「生存者」を殺していくごとに1➡2➡4➡8➡16と増えていく。死者の攻撃力分だけ生存者はライフを削り取られることになる。最終的に攻撃力が高い上位50人だけが復活し、生き残る。

・その他のルール
期間は一週間。一週間後に結果を発表する。その前に、生存者の数が50人になった場合は、イベントは強制終了される。


ミルティ「まぁ、死者が蘇るから敗者復活戦みたいな感じ?てかこれ生存者キツいよね~笑
とりあえず、これ生き残れたらもう優勝は目前だから。頑張ってね~!」
ミルティはどこかに消えた。
タイマーが上空に浮かび上がる。

イ ベ ン ト 開 始 ま で 、 あ と 3 時 間

「うわあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
多くの人達が、叫びながらこの場から散っていく。誠はその人波にのまれそうになりながらも、なんとか耐えて、夏芽、裕一、神木と合流する。

裕一「また残酷なことを…。」
神木「やはり懲りないな、奴らは。」
ああ、奴らのやっていることは非道だ。決して許されない。だけど、そんなことより…
夏芽「誠…っ!!」
夏芽が泣きそうな顔でこちらを見てくる。
やっぱり、同じこと考えてたんだな・・・。
誠「あ、・・・あぁ・・・!」
誠は唇を強く噛み締める。

誠「亮と・・・会えるかもしれない・・・っ!!」


次回、協力

【必読!】天使襲来編までの謎 徹底解明

最初から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/05/30/203112
地獄の三日間編から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/04/12000
三日目「ノーウォッチデー」から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/11/120000
天使襲来編から読みたい人へ➡http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/20/081752

前回 天使襲来編 まとめ・解説・次回について の続き


※注意※
この記事は「天使襲来編 まとめ・解説・次回について」まで読み終えた人のための記事です。まだ読み終えてない人には壮大なネタバレが降りかかることになります。





⚫亮の設定について
http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/05/31/170338
この記事から亮は「友達想い」というキャラ設定になっています。Xと戦ってるときに自分を犠牲にしようという気持ちや、藤崎が誠をバカにして亮を挑発したときに、彼はまんまと乗ってしまいましたね…。友達想いすぎる。

⚫悪魔ではなく、天使がゲームの主催者
http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/02/195120
この記事では、ボンボンがこの賞命首を悪魔が主催しているゲームではないと主張しています。当たってましたね。このとき、ほとんどボンボンに記憶は戻っていません。魔王の力を目の当たりにして最近記憶を取り戻してきたようですが…。
記憶はそもそもなんで消えてしまったんでしょうかねぇ?

⚫終焉の場所
http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/05/120000
この記事の最後に出てますね。「終焉の場所」。この記事では二人、人物が登場しています。うーんと、Bのほうがミカエラです。今はこのシーンについてはこれしか言えません。

⚫Xの能力
http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/09/190000
ほんっっっとうにこの戦いは覚えておいてほしいです。賞命首の三大謎に入るくらいなので。

⚫Xについて
X、またの名を「佐々木 颯太」。彼は初期メンバーにしてたほうが面白かったですねぇ…。そのほうがインパクトありますもんねwただ、記事をまた一から書き直すのは・・・。
ということで、佐々木颯太は初期メンバーだった。そういうことにしておいてください(暗黙の了解)。
あと、
http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/10/130000
ここの最後らへんのシーンも覚えられたら覚えておいてください。

⚫ライフウォッチのアップデート
http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/14/165200
この記事以降、もうアップデートは来ません。ただ…?

⚫魔王の能力とは?
http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/15/161500
誠が亮のチビ悪魔を抱いたあと、能力自体を吸収していました。書き忘れましたが、この亮のチビ悪魔の能力はもう誠は持っていません。藤崎と戦ったあとに消えました。その後、また能力の吸収を試みましたが出来ませんでした。この一回限りのようでしたね…。魔王の能力とは一体…?

⚫謎のチビ悪魔「レオ」
http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/18/004849
「今、俺には何が起きてるか知っている。」
ほう…?今読むと結構この悪魔の存在が怪しく思えてきますよねぇ…。実に冷静すぎますし。

⚫ボンボンが取り戻した記憶
http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/20/081752
ボンボンって弱い悪魔なんでしょ?謎知りすぎじゃない?そもそも魔界に監禁されていたのになんで神が死んだことが分かってるの…?はい、矛盾点はっけーんwww
作者の僕(矛盾…か…。)

⚫魔王の名前
http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/25/171413
メルくんって…可愛い。ま、明かしませんけどね、本当の名前は。

⚫ミカエラの行動
http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/30/222851
誠ほんとによく殺されなかったですねw
ただ、ミルティやアルテナがこのイベントに参加できなくて悔しがってたりしてましたし…。天神はこのイベントに関与できなかったということなんですね。彼らがトップだというのに何故誠を殺すぐらいのことはしなかったんでしょう?一体誰に縛られてるのでしょうか?

⚫終焉の場所、再び
http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/30/222851
おっと、またこの場所ですね。ミカエラともう一人は前回いた人と同じです。ただ、{}←こいつは誰なんでしょう?
・・・あまり僕は好きじゃない奴です。

⚫亮…?
http://kumakuramihai.hatenablog.com/entry/2017/06/30/222851
!?
亮!?と、最後のほうで思った人は多いと思います。亮が帰ってくる…!?
まあ、期待してもいいかもですね。


以上です!!謎多い!!w
これらの謎をあとの3つの章で明かして戦闘も全部済ませないといけない…。
長い。きついけど覚悟していきます。面白さを優先することも忘れずに…。最後まで…。

では、また次回。


次回、腐命島編